ナイキのゴルフシューズ完全ガイド

ナイキといえば「スウッシュ」のマークが印象的なスポーツブランドです。日本国内でも、おしゃれなCMや広告を出しているので、スポーツメーカーの中でもスタイリッシュなイメージがあるのではないでしょうか。

そんなナイキ、実はゴルフシューズも数多く販売しています。プロのゴルフプレイヤーも愛用しているほど、その機能性は高く、スポーティースタイルのゴルフシューズの代表といえるでしょう。

今回はそんなナイキが販売しているゴルフシューズ16アイテムを全種類網羅してご紹介させていただきます(今回ご紹介するのは、ナイキの公式サイトで「ゴルフシューズ」カテゴリで2017年10月段階で販売されているシューズを基準とします)。参考にして頂くため、公式サイト上での金額も掲載しますので、カタログとして読んでいただくことも可能です。


「ナイキのゴルフシューズが欲しいけど、何を買えばいいか分からない」という方や、「スポーティーなゴルフシューズの定番が1足欲しい」という方は、ぜひ参考にしてください。

■ナイキとは


まず、ナイキというブランドについて解説させていただきます。


ナイキは、実は日本と非常に縁が深い会社です。ナイキの創設者であるフィル・ナイトは、神戸でオニツカタイガー(現在のアシックス)の品質を気に入り、1962年にアメリカでの販売権を取得しました。つまり、ナイキはもともとアシックスのシューズをアメリカで販売する会社だったのです。その後1971年に社名を「ブルーリボンスポーツ」から「ナイキ」に変更。さらにオニツカタイガーからの技術者の引き抜きなども行い、ナイキブランドでオリジナルシューズの販売を行いました。


その後、どんどん業績を伸ばし、現在はスポーツシューズだけでなく様々なスポーツ製品を手がけています。


ロゴマークはキャロライン・デビッドソンがデザインした「スウッシュ」です。スウッシュは「勢いよく動く」という意味を持っており、活動的な印象を与えます。ナイキといえば、このロゴマークが頭に浮かぶという方も多いでしょう。このデザインは、「ナイキ」という社名の由来にもなっている勝利の女神像「ニーケー」の翼をモチーフにしているといわれています。
では、そんなナイキの販売するゴルフシューズを1種類ずつ紹介していきます。

■ナイキルナコマンド2


ナイキのゴルフシューズの中でも代表的なアイテムです。


アウトサイドには大きくスウッシュのロゴマークが入っており、ナイキのゴルフシューズであることがハッキリと分かります。タン部分にはローマ字で立体的な「NIKE」の文字、そして、アウトソールには波状のラインが引かれており、シンプルな中にも特徴的なポイントがあります。


カラーは


・ホワイト/ダークグレー/レーザーオレンジ/メタリックダークグレー
・ホワイト/ホワイト/ブラック


の2種類が販売されています。ホワイト/ホワイト/ブラックは、王道のカラーリングといえるでしょう。


このルナコマンド2には、BOAクロージャーシステムが搭載された「ナイキルナコマンド2BOA」も存在します。カラーのラインナップが異なるということと、BOAであるということがノーマルバージョンとの違いです。


カラーは


・カーゴカーキ/ライトボーン/パームグリーン
・ブラック/マックスオレンジ


の2色が販売されています。オリジナルバージョンと比較するとやや特殊なカラーリングといえます。


シューレース(靴ひも)に連動して靴全体をソフトに締めてくれる「Flywireテクノロジー」を使用しており、安定したフィット感を実現しています。使用されているケーブルは超軽量でありながら頑丈に作られているため、耐久性も抜群です。インソールは幅広設計で日本人の足にもなじみやすくなっています。

ナイキのルナシリーズの売りである軽量かる弾力性の高い「Lunarlonクッショニング」によって、足全体が快適な履き心地となります。また足中央部のシャンクを軽量に設計しているため、グリーンで必要になるコントロール力を強力にサポートします。

スパイクはCHAMPのPiviXゴルフスパイクです。ひとつのスパイクにつき6個の歯が確実に地面を掴みます。また、防水メンブレン(膜)によって、雨水は靴の中に入れず、湿気は外に出す性能を持つため、履き心地が快適です。


インターネット上の口コミを見てみると、「過去のナイキのゴルフシューズで最もデザインが良い」「タオルで拭くだけでピカピカになるのでメンテナンスが楽」「グリップが強力」という良い意見もある一方で、「過去のルナシリーズの方が軽量だったため、歩きやすかった」という、重量を指摘する声もあります。


2017年10月の公式サイトでの価格は、「ナイキルナコマンド2」が1万6,200円、「ナイキルナコマンド2BOA」がセール価格で1万2,096円です。

■ナイキルナコントロールヴェイパー


つま先部分と、インサイドのくるぶしの部分、そして靴底の3ヶ所にナイキのロゴマークであるスウッシュがデザインされており、アウトソールに刃状の「Articulated Integrated Traction」という特徴的なパターンが使用されているスパイクレスゴルフシューズです。そのアウトソールのデザインは、側面からでもはっきりと分かるほど上下に幅があります。


カラーは


・ホワイト/ボルト/ブラック
・ホワイト/レーザーオレンジ/ソーラーレッド


の5種類があります。ベーシックさを追求するならホワイト、少し変わった色で目立ちたいならレーザーオレンジやソーラーレッドがお勧めです。ルナシリーズで使われている「Lunarlonミッドソールが」快適なクッション性を提供し、さらに、防水加工されたアッパー素材が常にさらっとした状態に靴の中をキープしてくれます。

インナースリーブはメッシュ生地になっているため、まるでソックスを履いているような通気性とフィット感を提供してくれます。


ナイキオリジナルの「Flywireテクノロジー」が使用されているため、単純な靴紐による締め付け感とは違い足全体を包み込むような安定感とフィット感があります。片足315g という軽量設計も歩きやすさをさらに助けてくれます。


インターネット上の口コミを見てみると、「スパイク付きのゴルフシューズと比較しても全く遜色ないグリップ力」「軽く、グリップも良く、かっこよく、言うことがない」「斜面や湿った地面でもグリップ力が高い」などと良い意見が多い半面、「グリーンにソールの跡がついてしまう」「アスファルトやコンクリートの上を歩いた際にゴツゴツする」などと、特徴的な刃型のソールだからこその、デメリットを指摘する意見もありました。価格はセール価格で1万6,983円です。

■ナイキルナフォース1


その名前からもわかるとおり、ナイキの代表ともいえるバスケットボールシューズ「エアフォースワン」をそのままスパイクレスゴルフシューズにモデルチェンジしたアイテムです。細部こそ違いますが、ぱっと見は「エアフォースワン」そのものです。1982年に登場してから時代を超えて愛されてきたこのシリーズの愛好者は多く、ゴルフをしない方でもコレクションの一つとして購入する方もいるようです。


カラーはシンプルに


・ホワイト/ブラック
の1色のみ。


かかとの部分にはバスケットボールシューズではなくゴルフシューズであるということがわかるようにゴルフクラブとゴルフボールのデザインが施されています。カジュアルスタイルのシューズですが、その中にもクラシックな雰囲気が漂います。

ルナシリーズではおなじみの「Lunarlonクッショニング」が反発力のある履き心地を提供し、レザーが使用されたアッパー素材には高級感もあります。アウトソールには大小さまざまな四角形の突起が付いている「トラクションパターン」を採用しており、要所要所で抜群のグリップ力を発揮します。


インターネット上の口コミを見てみると「見た感じはほぼエアフォースワンと変わりない」「エアフォースワンよりクッションが効いていて履き心地が良い」「シンプルなデザインが気に入った」など、そのデザインを評価する声が多い一方で「雨が降ると滑りやすい」「ぱっと見は普通の靴」という声も。価格は1万7,280円です。

■ナイキルナファイヤー


近未来的なデザインが印象的な「ナイキルナファイヤー」です。履き口とタン、そしてシューレース(靴ひも)周辺がブラックになっており、それ以外の部分がシンプルなホワイト、そして挿し色のミントブルーという3色設計です。

カラーリングとしては、


・ホワイト/フォトブルー/アンスラサイト


という1種類のカラーリングのみ販売されています。


シューレースの下側、つま先周辺に控えめなナイキのロゴマークが付けられており、その代わりにかかと部分には大きく「NIKE」の文字が刻まれています。さらに上から見るとインソールにもナイキのスウッシュが描かれています。


また、ナイキ独自の「Flywireテクノロジー」が使用されていますが、シューレースから伸びたそのワイヤーが、薄いアッパー素材の下を通っており、ワイヤーによる凹凸がデザインの一種になっているという独特の仕掛けがあります。

「Lunarlonクッショニング」が使用されているため、かかとからつま先まで弾むような移動実現することができます。また、「Nike Power Platform」が使用されているため、スイング時には抜群の安定感が確保されています。スパイクについては、「CHAMP」の「ScorpionSTINGER」スパイクが7ヶ所に使用されており、ホールド感は抜群です。靴底に使用されているのは、透明な素材なので、その部分でも近未来的な印象を与えます。


インターネット上の口コミを見てみると、「カットの位置が高いのでフィット感が良い」「とにかくカッコイイ」「スパイクの効きが良好」などの良い意見がある一方で、「年配の方には似合わないデザイン」「通気性が悪い」という声もあります。価格は1万5,660円です。

■ナイキエアズーム90IT


世界的に有名で、日本でも社会現象を巻き起こした「エアマックス90」をレディースゴルフシューズにリメイクしたのがこの「ナイキエアズーム90IT」です。90年代にエアマックスを履いていた方からすると、懐かしいデザインなのではないでしょうか。

プロゴルファーのローリー・マキロイも気に入って使用しているそうです。


アッパー素材は4層構造になっており、ナイキのロゴマークは2層目に入っています。スパイクレスシューズなのですが、アウトソールには半透明の素材が使用され、大き目な三角形のトラクションが規則的に配置されています。そしてアウトソールの内側には「ZOOM」の文字が透けて見えます。


カラーは


・ホワイト/ニュートラルグレー/ブラック/クールグレー
の1色のみが販売されています。特徴的なソールの形をしていますが、そのグリップ力は抜群で、接地感も高いです。また、エアマックスシリーズおなじみの「Nike Zoom Airユニット」が多い前足部に設置されており、薄型にも関わらず高反発のクッショニングを実現しています。


インターネット上の口コミを見てみると「フィット感が最高」「クッション性に優れていて、とにかく軽い」「ルナフォースワンと比較した結果、こちらの方が足にフィットする」などの良い意見が多い一方で、「スパイクレスなのでグリップ力がイマイチ」「タンの部分が存在せず、一体型になっているので履きにくい」というマイナス意見もあります。価格は2万1,600円です。

■ナイキエアズームTW71


タイガー・ウッズのシグネチャーモデルをインスパイアしたスパイクゴルフシューズです。


シンプルに見えて実は複雑なデザインと、反発力のあるクッショニングが特徴です。デザイン面の特徴は両サイドに大胆に開けられた通気孔の存在です。生地自体の通気性を良くしたり、メッシュ素材にしたりするのではなく、デザインの一部に通気孔を取り入れることで快適な履き心地を実現し、なおかつデザインの独自性を手に入れています。


カラーは


・ホワイト/ピュアプラチナム/ブラック
・ウルフグレー/ユニバーシティレッド/メタリックホワイト


という2種類が販売されており、シンプルにカッコいいデザインを求めるならホワイト/ピュアプラチナム/ブラック、少し大人な印象を与えたいのであればウルフグレー/ユニバーシティレッド/メタリックホワイトがお勧めです。

アッパー素材には合成皮革が使用されており、軽量性と耐久性の両立を実現しています。靴の内側にはストラップが付いており、足をしっかりと固定してくれるため、安定性が高くなっています。さらに、ナイキ独自の「Zoom Airユニット」がミッドソールに内蔵されているため、高いクッション性があります。

スパイクはCHAMPの「Zarma Tour」が採用され、7個配置されています。また、このシリーズの特徴はアウトソールに採用されている素材です。靴底には、他のシューズにはない光沢性のある素材が採用されているのです。この滑らかなデザインは、他のゴルフシューズでは見ないものです。そして土踏まずの部分にはさりげなくナイキのロゴマークが描かれているので、歩いているところを後ろから見られた時に、目を引くデザインです。


インターネット上の口コミを見てみると、「かかとのホールド感が好き」「ストラップのホールド感が良い」「機能性が高く歩きやすい」という意見がある一方で「素材の高級感がイマイチ」という声もあります。価格は1万7,280円です。

■ナイキエアズームアタック


上下にはっきり分けられた2色のカラーリングが特徴的なスパイクゴルフシューズです。アウトサイドのくるぶしの下あたりにさりげなく配置されたナイキのロゴマークが、印象的です。


カラーは


・ホワイト/ブラック/ユニバーシティレッド/メタリックシルバー


という1種類のみが販売されています。このモデルは、とにかく安定性が高くサポート力が高いのが特徴です。ナイキ独自の「Flywireテクノロジー」を使用しているため、フィット感が高く、かかとの部分には「Zoom Airユニット」が設置され、反発力に優れたクッショニングを確保しています。アッパー素材とインソールの素材には合成マイクロファイバーを使用しており、いずれも防水加工が施してあるため、悪天候でも快適にプレイすることができます。


そして、このシューズが他のシューズに比べて安定性が高い最も大きな理由は両サイドをサポートするオーバーレイです。わかりやすくカラーが分かれたこのオーバーレイは、スイングをする際の足にかかる圧力を分散させ、フルスイングでも足元を安定させてくれます。


インターネット上の口コミを見てみると「過去のタイガー・ウッズモデルと比較してクッション性が格段に向上した」「外周部の樹脂(オーバーレイ)によって左右のブレに非常に強い」「ナイキのスウッシュマークがパンツの裾とかぶる位置にあるため、シンプルなデザインが気に入っている」などの良い意見がある一方で、「グリップ力がありすぎるため、逆に下半身が安定しない」という意見がありました。この点はマイナス意見として書かれていますが、普段のスイングで下半身が安定せずに悩んでる人には、お勧めできるかもしれません。価格は1万7280円です。

■ナイキエアズームライバル5


どんなシーンでも使いやすい普遍的なデザインとナイキ独自の「Zoom Airユニット」が掛け合わされて生まれたオーソドックスなゴルフシューズです。軽量の合成皮革を使用しているため、高い強度を保ちつつ、通気性に優れ、そして軽いという、ゴルフシューズに必要な機能を多く備えています。1万円以下で購入することができるという、リーズナブルさも特徴の一つといえるでしょう。


・ホワイト/ウルフグレー/ブラック
・ブラック/ホワイト/クールグレー


という2色が販売されています。シューズを上から見た際には、シンプルでオーソドックスなシューズのように感じますが、このゴルフシューズの特徴は靴底にあります。


5ヶ所にスパイクが取り付けてあり、アウトソールはエリアごとに様々な形をしたトラクションが、どんな方向の圧力に対しても高いグリップ力を発揮してくれます。


また、その靴底を遠くから見てみるとアルファベットの「M」を横に引き伸ばしたような不思議な形をした溝が引かれており、その溝を基準として、様々な形状のトラクションも配置されています。この溝によって、歩いたりスイングしたりするときのソールの屈曲性を引き出し、どんな角度からでも地面をつかむことができるようになるのです。


インターネット上の口コミを見てみると「芝への噛み付きも良く、ウェアとも組み合わせやすいのでお気に入り」「NIKEらしいデザインで飽きがこない」「軽くて耐久性抜群」などと様々な方向から評価されています。中にはソールのトラクションだけでも十分なグリップ力があると判断し「スパイクを外し、スパイクレスの状態で使用している」という方もいます。価格は9,936円です。

■ナイキエアズームギミー


ナイキが販売しているゴルフシューズの中でも最も特徴的なデザインをしているのがこのナイキエアズーム気味かではないでしょうか。そのコンセプトは「ソックスのようなフィット感」です。靴紐もなければ、ボアクロージャーシステムもありません。太い1本のベルトが前足部を覆っています。


ベルトならではのゴムの締め付けが、ソックスのような柔らかなフィット感を生みます。


カラーは


・ホワイト/ホワイト/ホワイト


1種類のみ。色遣いとしては非常にシンプルです。ナイキのロゴマークは、左右のアウトソールに一つずつあっさりと描かれていますが、そこまでの存在感はありません。デザイン上の主役はやはり太く書かれたベルトになるでしょう。


また、アッパーは通気性に優れたメッシュ素材になっており、どんな天候でも快適なプレイができます。また、ブーティーデザインなので、着脱がとてもスムーズです。また、デザインやベルトによる締め上げなどに注目が集まりますが、ソール内部にはナイキズームエアユニットが設置されているため、反発力に富んだクッショニングが提供されています。

また、ミッドソールにはPhylon素材が使用されており、軽量でなおかつ歩きやすくなっています。スパイクレスシューズなのですが、アウトソールには特徴的な2本の溝が引かれており、全体で3分割されています。この溝によって足が地面をつかむ動きを自然な形でサポートしてくれます。ゴルフだけでなく、その他のスポーツや、タウンユースでも使用したいアイテムです。


インターネット上の口コミを見てみると「デザインとスタイルが素晴らしい」「吐くのに手間がかからない」「軽量で非常に快適」という意見がある一方で、「細身なので足の幅が広い人には、1サイズ上の物を選ばないときつい」という意見もあります。価格は1万5,120円です。

■ナイキFIフレックス


明るさの異なる色をはっきりと使い分けている見た目のインパクトが大きいデザインの「NIKE FIフレックス」です。実はこのモデルは「NIKE FREE 」をヒントにデザインされています。


・ブラック/アンスラサイト/ホワイト
・ホワイト/アンスラサイト/ウルフグレー/ブラック


2カラーが販売されています。


いずれも黒と白がエリアごとにはっきり線引きされており、かかと側から見るとまるでオセロのように綺麗に色分けがされています。好みがはっきり分かれるところではありますが、モノトーンのファッションには合わせやすいのではないでしょうか。


スパイクレスシューズなので、気になるのはアウトソールの形状ですが、前足部には4ヶ所のブロック状のトラクションが施されており、後足部にも2ヶ所、十字型のトラクションが施されています。この合計4ヶ所のトラクションが、その柔らかな見た目以上のグリップ力を発揮してくれます。また複数の溝が組み合わされて作られたアウトソールには優れた伸縮性があり、スイングや歩行の際の足の動きとマッチした形に柔軟に変わります。

また、アッパー素材には「DWR」という耐久性に優れた撥水加工を施したナイロン素材が使用されており、悪天候でも靴の中をさらりと乾いた状態にキープしてくれます。


インターネット上の口コミを見てみると「デザインに一目ぼれして購入」「スパイクレスシューズの中で最もかっこいい」「ワイドサイズで履き心地が快適」など、その特徴的なデザインと履き心地を評価する声が多い一方で「ナイロンのアッパー素材が洗いにくい」という声もあります。価格は1万4,040円です。

■ナイキコースクラシック


ビンテージスタイルのスパイクレスゴルフシューズです。


もともと、ナイキの初期テニスシューズの特徴を受け継ぎながらゴルフ以外のシーンでも使えるようにデザインされており、カジュアルなファッションにも合わせやすいスニーカーのようなフォルムになっています。カラーは


・ホワイト/セイル/ブラック/ホワイト
・ブラック/セイル/ブラック


という2種類が販売されています。このようなストリートでも使えるようなデザインのゴルフシューズは、機能性に難点があると思われがちですが、このシューズはスパイクレスでしか実現できない足の裏にかかるゴルフ特有の圧力分布に基づいてデザインされた大小様々なトラクションが、抜群のグリップ力を生み、さらに、泥の付着を防止してくれます。ちなみに、このアウトソールは遠くから見ると大きなナイキのスウッシュマークが描かれていることに気がつくでしょう。


雨の日でも足元をドライに保つことができる防水加工された素材を使用し、軽量かつフルレングスのファイロンミッドソールが、安定したスイングと快適な履き心地を提供してくれます。同系色でまとめられたデザインであるため、ナイキのロゴマークがあっさりしていて目立ちにくいというところもポイントです。「あまりナイキであることを前面に押し出したくない」という方にもおすすめできるアイテムです。


インターネット上の口コミを見てみると「真っ白でカジュアルなゴルフシューズが欲しかったので理想的な商品」「デザインがオシャレ」「スパイクレスゴルフシューズに懐疑的だったがこのシューズを履いて価値感が変わった」などデザイン面や機能面での高い評価を受けています。しかし、その一方でサイズ感が少し小さいという声があり、「0.5cm 大きいサイズを購入したところピッタリだった」という意見もあるので、購入する際はサイズ感に注意しましょう。価格は1万1880円です。

■ナイキブレーザー


ブレーザーとは、ナイキブランドが初めて発表したバスケットシューズであり、ナイキブランドを代表する旗艦モデルのスニーカーです。1973年に初めて発売され、ナイキの本拠地であるアメリカオレゴン州のバスケットボールチーム「ポートランド・トレイル・ブレーザーズ」からその名前が付けられました。

無駄を省いた王道のデザインと、遠目から見てもはっきりわかるナイキのロゴというシンプルなカッコよさがブレーザーの魅力です。歴史が長いだけあり、ブレイザーシリーズには様々なアイテムが展開されています。そしてその中にはレディースゴルフシューズも数種類存在しています。残念ながらメンズのラインナップはありませんが、


・バケッタタン/ホワイト/メタリックシルバー/ブラック(ナイキ ブレーザー NGC)
・ディープナイト/レーサーピンク/ホワイト/メタリックシルバー(ナイキ ブレーザー プレミアム)
・ソーラーレッド/ホワイト/ブラック
・ホワイト/ブラック


の4種類で、いずれもハイカットのスパイクレスゴルフシューズです。「ナイキ ブレーザー NGC」はナイキの旗艦モデルならではのクラシカルな色使いと上質なレザーを使用した、安定感のあるデザインです。インソールにはコルクが使用されており、やわらかな履き心地です。アウトソールやミッドソールにはひし形が連続したような特徴的な溝が設置されており、優れたグリップ力を発揮します。


一方、「ナイキ ブレーザープレミアム」は形状こそ同じですが、色使いが全く異なり、強い光沢を放つブラックのアッパー素材と、レーサーピンクのナイキのロゴは、ラウンド上で「ハッ」とさせられるほど目立ちます。


もちろん、その他のオーソドックスな2色のデザインも機能性が高く使いやすい仕上がりです。


インターネット上の口コミを見てみると「ハイカットのゴルフシューズの中ではコストパフォーマンス的にもデザイン的にも申し分ない」「男性でも足の小さい人なら25.5cm を購入すれば履ける」などの声があります。

■ナイキエクスプローラー2BOA


ボアクロージャーシステムが搭載されたスパイクゴルフシューズです。光沢のある合成素材を使用したアッパーが、メタリックな印象を与えます。ボアクロージャーシステムのデザインと相まって、近未来的フォルムを持ったゴルフシューズです。


カラーは


・ブラック/メタリックダークグレー/ブラック
・ホワイト/ブラック


という2種類が販売されています。どちらかといえばオーソドックスなデザインがホワイト/ブラックで、ブラック/メタリックダークグレー/ブラックの方がより無機質な印象を与えるデザインになっています。見た目の通り、撥水加工が施してあるので、悪天候のゲームでも気にせずプレーができるほか、耐久性と保護力も高くなっています。

パイロン素材のミッドソールにより、高いクッション性と軽量性が両立できています。ボアクロージャーシステムによって、ダイヤル操作で簡単にフィット感の調整ができるのも大きな特徴です。前足部はワイド設計なので、日本人に多い幅広の足にも対応します。複雑な形状で溝の入ったアウトソールは、グリーンに優しいトラクションを実現しています。


インターネット上の口コミを見てみると「ボアクロージャーシステムとは相性が良く、足首のホールド力が強い」「他のプレーヤーがスリップするほど悪いコンデションでもこの靴を履いていたら滑らなかった」「乾燥した状況でも問題なくプレイできた」など良い意見がある一方で、「タンの部分が分厚く履きにくい」という声もあります。価格は1万5120円です。

■ナイキアカマイ


「軽くて丈夫」というシューズの大前提となる部分を重視して作られたレディースゴルフシューズが「ナイキアカマイ」です。そのデザインは、女性が履いた時に健康的かつ華やかに見える色使いをしています。


タンには筆記体で「nike」の文字が描かれ、側部にシルバーで描かれたナイキのロゴマークもエレガントです。カラーは


・ホワイト/ピュアプラチナム/メタリックシルバー


一色のみが販売されています。ゴルフを始めたばかりの女性で「何度もコースを回って早く上達したい」と考えているのであれば、使い倒せる靴なのでお勧めです。すっきりとしたデザインなので、どんなコーディネートにも合わせやすく、通気性に優れているので足が蒸れることもありません。

アウトソールは、「ナイキアカマイ」独自のオーディオ機器のつまみのような形をしたトラクションが、しっかりとしたグリップ力を実現してくれます。かかとについているプルタブによって着脱がしやすいというのも、地味に嬉しいポイントです。


インターネット上の口コミを見てみると「練習場にそのまま履いてくのにちょうどいい」「アッパー素材が柔らかく軽いので履きやすい」「軽くて安定感があり、スイングしやすい」「華やかなゴルフウエアによく合う」という意見がありますが、「少し安っぽい」という意見もあります。価格は1万1,880円です。

■ナイキフライニットエリート


ナイキオリジナルの技術によって作られた、フライニットシリーズのゴルフシューズ版です。その名前が示すとおり、スポーツシューズのために開発された特殊なニットでアッパー素材が作られています。ニット特有の伸縮性が足全体を包み込み、快適な履き心地を実現してくれます。「裸足のような履き心地を実現したい」という思いから生まれたナイキの「Flyknitテクノロジー」が使われているので、このナイキフライニットエリートに関しても裸足でラウンドを回っているような感覚を味わうことができるでしょう。


スパイクレスシューズですが、足の裏全体を3つに分割し、刃状のトラクションが横に並んでいるタイプのアウトソールが、強力なグリップ力を発揮し、スイングの際も足の軸がぶれることがありません。さらに、「Flywireテクノロジー」も合わせて使用されているため、単なる「ニットの靴」ではない足全体を包み込むホールド感もあります。インターネット上の口コミを見てみると「これは新しいカテゴリのシューズだ」「通気性とフィット感が抜群」「ハイカットなので、小石が入りにくい」「最高のフィット感と癖になる軽さ」など、その履き心地を絶賛する声がある一方で「ニット素材なので雨が降ると成分が染み込んでくる」「横方向の力に弱い」などといった弱点を指摘する声もあります。価格はセール価格で1万9,980円です。

■ナイキFIインパクト2


インソールに太文字で書かれた「Just do it」という言葉が印象的なレディースゴルフシューズです。販売されているカラーは


・ウルフグレー/クールグレー/ホワイト/ピンクブラスト


一種類のみです。フライワイヤーによって凹凸のついたグレーのアッパー素材に、鮮やかなピンク色のナイキのロゴマークが映えます。テキスタイルのアッパー素材と伸縮性のある合成素材を使用しており、通気性と快適性に優れた履き心地を実現しています。足の裏全体を8つのエリアに分けて作られたアウトソールは、柔軟性が高く、なおかつ、ひとつひとつのエリアごとに少しずつ変化させて作られたトラクションがゴルフをする際の様々な圧力に対応して、高いグリップ力を発揮してくれます。スタンダードなシルエットですが、細部に強いこだわりが見え隠れするアイテムです。


インターネット上の口コミを見てみると「見た目よりも踏ん張りが効く」「撥水機能のおかげで汚れにくい」「柔軟性があり、歩いていても疲れにくい」という声がある一方で「ソールが柔らかすぎて耐久性が心配」「チープで高級感がない」という意見もあります。価格は、セール価格で9,480円です。

■まとめ


いかがでしたでしょうか。


2017年11月現在、ナイキの公式サイトから販売されているゴルフシューズ16アイテムを全てご紹介させていただきました。


このラインナップを見ると「さすがナイキ」と言わざるを得ません。スポーティーなスタイルからクラシカルなスタイルまで多種多様です。そして他のブランドでは再現が不可能な技術であるフライワイヤーテクノロジーや、フライニットテクノロジー、さらに、あのエアマックスに使用されていたテクノロジーの進化版である「ナイキZOOM AIR」など、これでもかというほど独自技術を投入して作られた贅沢なゴルフシューズは、いずれもラウンドで高い性能を発揮してくれるでしょう。


デザインに関しても、これまでにナイキが培ってきた歴史を踏襲するスタイルのものもあれば、そういった常識を打ち破った斬新なスタイルもあります。プロでも愛用している選手の多いナイキのゴルフシューズ、あなたも今回ご紹介した16種類の中で、気に入ったものがあれば購入してみてはいかがでしょうか。

160年以上の歴史を誇り、米国PGAツアー・ゴルフシューズ使用率No.1のFootJoy
オシャレでかっこいいゴルフシューズをお探しなら、これできまり
FootJoy(フットジョイ)正規品通販専門店
サブコンテンツ